採算の取れていない事業・商品とは?~数字のマジックにご注意を~ | アンビシャス ブログ
MENU

採算の取れていない事業・商品とは?~数字のマジックにご注意を~

企業の成功にはヒト・モノ・カネを適切に配分することが必要です。価格・品質等で競合他社に比べ競争力のある事業・商品を選択し、資源を集中することが肝要となります。

 

また、減収増益をねらって事業・商品の選別を行う場合もあるでしょう。

 

 

複数ある事業・商品のうちどの事業・商品を切るのか?

 

 

重要な事ですので、なんとなく儲かっている、儲かっていないで決めることはできません。当然ですが数値的な根拠をもって決めなければいけないのですが・・・

 

数字のマジックに惑わされる事が多い部分でもあります。

 

1.採算が取れていない事業?

 

実際に数値例をみて頂きましょう。

 

この会社ではA事業B事業の2つの事業を行っています。
各事業の損益は次の通りです。

 

 

損益計算書①

 

A事業は営業時点で55百万円の利益が出ています。
対してB事業では営業時点で25百万円の損失が発生しています。

 

あなたがこの会社の経営者ならどうされますか?

採算が取れていないB事業を廃止すべきように考えられたのではないでしょうか。

 

さて、ここで上の損益計算書に加えてもう一つ、次の条件が加わった場合を考えてみましょう。

 

 

・販管費は毎期固定で、各事業の売上高に応じて按分している。

 

 

この場合B事業を廃止するとどうなるでしょうか?数値を見ながら確認してみましょう。

 

 

損益計算書②

 

B事業に按分されていた販管費75百万円をA事業で賄わなければいけません。売上高が同等であれば、賄いきれず、20百万円の損失が出てしまいます。

 

単純にA事業単体で出ていた営業利益が全社の利益となるわけではないのです。

 

減収増益を狙ったのであれば、B事業の廃止は間違った判断です。選択と集中が狙いであれば、相応のA事業売上増大の打ち手が無ければ、B事業廃止に踏み切ることはできないはずです。

 

 

 

2.数字のマジックに惑わされない為に

防御

数字のマジックに惑わされない為には2つの方法があるのではないでしょうか。

 

 

2-1.知識をつける
2-2.現場感覚とかけ離れていないか確認する

 

 

2-1.知識をつける

 

経営判断に数値を活かすには、比較すべき対象や注視すべき金額や率等を見極める為の知識が必要です。知識をつけて、正しい解釈を学んでいくことが必要でしょう。信頼できる専門家に意見を求めるのも一つの方法です。

 

 

2-2.現場感覚とかけ離れていないか確認する

 

数値から導き出された答えが、数字のマジックに惑わされたものであれば、違和感を感じるはずです。数値で明らかになる事実は、意外であっても腑に落ちるものです。判断に至るまでの過程のどこかで現場感覚とかけ離れていると感じた場合には、解釈や仮定に間違いがないか確認をしましょう。

 

 

 

3.まとめ

 

今回の例は単純な例ですが、実際に企業が事業や商品群の選別を行う場合には、事業・商品数はもっと多く、考慮に入れるべき要素もたくさんあるでしょう。

 

重要な経営判断には根拠が必要です。数値は依るべき指標ですが、解釈を間違えるとミスリードされてしまいます。数字のマジックに注意しましょう。

このページのトップへ